私たちの仕事

INTERVIEW 01

営業 石井 友尋

デザイン畑から営業への挑戦。
着実に成長し、壁を乗り越える。

営業

石井 友尋

Tomohiro Ishii

2018年入社

入社2年目、兵庫県出身。日用品関連のメーカーに絞って就職活動をしていたときにサンコーと出会う。会社説明会での雰囲気や、面接での社長の人柄に惹かれ入社を決意。

「聴く」ことからすべてが始まる。

もともと、大学ではプロダクトデザインを専攻していました。商品開発としてサンコーに入社しましたが、実は営業にも興味があったんです。それで社長に相談してみたところ「じゃあ、やってみるか」と。はじめの半年間は先輩方について営業先をまわる日々でした。今では一人でいくつかのお得意先を担当していますが、その半年間で学び、今でも自分のモットーとしていることが「聴く」ことです。
上司や先輩の話をよく「聴く」。お得意先の話をよく「聴く」。すべてはここにヒントがあると思っています。営業として「話す」ことも大切ですが、一方的に商品をアピールして売り込むことよりも、お得意先のニーズをいかに受けとめ、商談につなげるか。この「聴く」力を強め、社内やお得意先とたくさんコミュニケーションをとって信頼を築いていきたいですね。

サンコーの商品を、多くの人に届けたい。

店頭で商品の実演販売をする機会があったんですね。その時、お客さまから「この商品使っているけれど、すごく良くて、もうこれしか買ってないよ」と仰っていただいたことがありました。お客さまの役に立ち、日常の不満や不便が解消されていること。それは小さな日常の、些細な幸せかもしれません。でも、その小さなことが、きっとお客さまの大きな幸せにつながっていくのだと信じています。そして私の仕事が、その手助けになっているのだと思うと、やりがいを実感しますね。一人でも多くのお客さまに、サンコーの商品で幸せになっていただけるよう尽力したいと思います。

ひとつひとつを、乗り越えていく。

営業として一人でお得意先を担当していますが、まだ2年目ということもあり、この仕事の奥深さを痛感することが多々あります。経験値や知識は、お得意先の方からしてみるとまだまだ足りなく、商談中に指摘されることも。悔しいですね、やっぱり。しっかりご提案できていなかったと、反省します。まずは自分でその時のことを振り返り、自分の力で課題をクリアするようにしています。ひとつひとつ自身を成長させていくことで、乗り越えられない壁はないと信じて頑張っていきたいですね。

ある1日のスケジュール

7:00

起床

8:00

出社&スケジュール確認

8:30

掃除・朝礼

9:00

営業ミーティング

9:30

お得意先訪問

12:00

外出先でランチ&メールチェック

13:00

お得意先訪問

16:00

帰社後、訪問資料・申請書作成

18:00

退社

19:00

夕食

20:00

ウクレレ演奏など趣味の時間

23:00

就寝

Others その他のインタビュー

Recruiting Information 募集要項