私たちの仕事

INTERVIEW 04

営業事務 西畑 美佑

自分の働いている姿が想像できた、
唯一の会社でした。

営業事務

西畑 美佑

Miyuu Nishibata

2018年入社

入社2年目、和歌山県出身。「人の心に貯金する」というサンコーの理念に共感し、入社。やりたいことが見つからずにいた就職活動が、サンコーによって一転する。

素直に自分を表現できる環境です。

実は、就職活動時は自分のやりたいことが見つけ出せないままでいたんです。就職活動も終盤にさしかかる頃、サンコーと出会いました。会社説明会も面接も終始アットホーム。しかも社長面接は最終段階だと思っていたのですが、けっこう初めの選考段階から社長が登場していて。緊張はしましたけれど、自分を表現しやすい面接だったことを覚えています。
入社した今も、先輩方との距離が近くて何でも相談できますし、素直に自分を表現しても受け入れてもらえる環境だな、と感じます。1年目は「ミスをしないように」「仕事を早く覚える」ことで精一杯でしたが、2年目にして将来の目標やなりたい自分が明確化してきました。サンコーで見つけることができたその大きな目標に向けて、幅広く挑戦していきたいと思います。

入社2年目で、新システム導入を担当。

私の仕事は営業と密に連携をとり、受注した商品の在庫確認や単価チェック、伝票入力・発行、出荷など受注から出荷までをつなぐ役割を担っています。数字ひとつ間違えるだけで大きな問題になりかねないので、如何にミスをしないかという確実性はもちろんですが、効率性やスピードも求められます。秋からは新システムが導入されるのですが、私ともう一人の先輩で担当することが決まっています。いち早くシステムを把握し社内に共有しなくてはならないので、今の仕事の効率をさらにあげ、自分のキャパを広げておきたいですね。若手から「まずはやってみよう」という、チャレンジングな取り組みをしているのもサンコーのいいところ。仕事がどんどん面白くなってきて、自分の成長スピードもぐんと早くなってきたような気がしています。

サンコーのモノづくりの一員として。

昨年、学生向けの説明会などリクルート活動をする機会があったんです。入社したばかりで他部署のこともよくわからないままだったので、先輩に聞いたり、自分で調べたりするうちに、どうやってサンコーのモノづくりが行われているのか知ることができました。一人ひとりの仕事が、お客さまに届く商品になるまで。日々の自分の仕事がひとつの商品へとつながっていることに自信を持って、これからもお客さまの快適な生活環境づくりに貢献していきたいです。

ある1日のスケジュール

6:45

起床

8:15

出社&メールチェック

8:30

掃除・朝礼

9:00

注文書確認・伝票入力

12:00

昼食

13:00

注文書確認・伝票入力

15:30

伝票発行

17:45

退社

18:30

夕食

20:00

ジム

24:00

就寝

Others その他のインタビュー

Recruiting Information 募集要項